読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いざわっちの憂鬱!

ちょっとカチンとくるかもしれない、無色透明なオレオレ的ブログ

★床屋に行く

髪の毛が伸びた。
そうは言っても
他の人に比べるとそんなに長いわけではない♪

でも、氣になるので
床屋に行った。

初めて行く床屋は緊張する。
どう注文していいのかよくわからないからだ(笑)

去年の暮れまでは母親が理容店を営んでいたので座るだけであとは自動的だった。

何とか
希望を伝え、
あとは
「今より0.1%いい男にしてください♪」と言った♪

30代後半と思われる女性理容師さんは少し退いている感じだ…( ̄▽ ̄;)

ヤバいぞ!!
さらに緊張する!!

が…しかし…

チョキチョキとも
しゃきしゃきともとれる

頭皮の上を
微妙な浮遊感を感じさせ、
髪の毛を斜めに押しながら
動き回る櫛と
ハサミの滑らかな音とそのリズムが本当に心地がよい。

いつの間にか
眼を閉じながら
櫛の感触と
ハサミの音
その独特の匂いに
浸っている。

乳液を塗られ
フェイスマッサージを受ける。

浅くもなく深くもなく
顔面を
動くその手がさらに心地良さを引き出す。

頬骨下を触れられているとき

「あー右の頬が出っ張ってる」
思わず口に出た(笑)

その手が止まる。
おねーさんの手がもう一度確かめるように頬骨周りを触れているが…

閉じた目の上空で
首を傾げたのがわかる。

「この人何言ってんの?」

多分♪そう思われたに違いない(≧∇≦)

やっぱり顔や頭部のマッサージに床屋さんの可能性をグッと拡げるポイントが潜んでいる。
ぼくはそう考えている。

シェービングは
本当に丁寧だった。

シェービングは実はされるのは好きではない。

髭の濃さと癖と
相反するような
か弱い肌の持ち主故
必ず血が出て痛いからだ。

が…今日は違う!!
気持ちがいい♪

シェービング後
60代と思われる女性理容師にバトンタッチされた。

椅子回りを動く仕草から
膝を痛めているのがわかる。

いつもの悪い癖
余計なお節介をしたくなる。

多分、操体法をしたらこの女性の膝は楽になる可能性は高い♪

言い出そうか?
それとも…
黙っておくか。

葛藤する。

終わるまで結局言い出せなかった。

「コーヒーをお持ちしますから、お待ちくださいね♪」

コーヒーを出してくれるらしい(^〇^)

その時に
聞いてみた。

「太ってるから膝に負担が掛かって痛いんですよ。」
そんな答えだった。

太っていることと
膝の痛みは個人的には余り関係ないと思っている。

その事を伝え、
5分かその位でこの場で膝が今より楽になりますけど、どうですか?と提案したけれど…
…な結果だった。

初めての場所で
信頼関係もなく
怪しさを募らせた上での提案だったので
何かしらの怪しい営業か勧誘と勘違いされたかも(笑)

ぼくは操体法が大好きなだけなのだが♪
ま、仕方あるまい(~▽~@)♪♪♪

元々ダメ元なのでな♪

あ゛~気持ち良かった♪

おまえアタマ白いな♪

ネコにそう言われているような気がする(~▽~@)♪♪♪
f:id:torabocchin:20161001235527j:plain




この辺りには倉のある家が結構多い♪
f:id:torabocchin:20161001235414j:plain