読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いざわっちの憂鬱!

ちょっとカチンとくるかもしれない、無色透明なオレオレ的ブログ

★日産栃木工場と顎関節症♪

ぶばじゃー!!!
!!(゜ロ゜ノ)(゜〇゜;)?????(゜゜;)

目の前が
しぶきのようなオレンジ色の
光りとともに
首と顔に強烈な熱さと衝撃が走る!!

「あぢー!!っ」((((;゜Д゜)))
心の中で思わず叫ぶ。
びびって思わず腰が引ける。

時には保護ゴーグルと顔の隙間から入り込み眼鏡のレンズ内側を黒い点のように溶かす。


栃木県に潜伏して、2週間ほどになる。
潜伏先はGT-Rやインフィニティなど日産の高級車を造っている工場だ。

f:id:torabocchin:20160903122426j:plain

車体を造るラインでスポット溶接機と仲良くなるのに苦心している。

一日に何回溶接のスイッチを押すのだろう?

4、5千回は押すのだろうか?

一週目は背中が筋肉痛になり辛かったが、今週は右手指と右手首がかなり辛い♪

今回の土曜は休日出勤のはずだったが、諸事情により、休日出勤ではなくなった。

仕事がないのは残念だけど、せっかくなので有り難くしっかり休むことにしよう。

先日、同じ組で一緒に働く同僚が
顎関節症なんだけど」ということで相談を受けた。

顎がコキコキいうらしい。
顎関節症は原因がはっきりしない
治療法も確立していない。
やっかいであるように感じるが、
反対に原因、治療法に囚われなければ、改善は比較的容易に感じるのは
腰痛の9割以上が原因不明といわれながら改善はほとんどの場合、容易であることに似ている。

昼休みに
三軸操体法をやらせてもらった。

ボクは馬鹿の1つ覚えとして
これと膝倒しを多用する。

別にどんな方法テクニックでもかまわないけれど、
なぜか、膝倒しを愛している♡からだ。

ぼくの持論では
大体これで治癒力を引き出すことが出来る。
もちろん、治すのはぼくではない。
ただ、そのキッカケをつくるだけだ。

三軸操体法2回で
コキコキ感が
当初を10とすると4位まで減少したらしい。

午後の作業では
ほとんど気にならない状態だったそうだ。

一日の作業が終わり
再度、操体法を。

長椅子に仰向けになってもらい
動きをざっと確認する。
左に捻ると右腰も痛いらしい。
膝裏を確認すると…いた(≧∇≦)
ごろっとした頑張り屋さんが♡

膝倒しをする。
爪先あげをする。
踵伸ばしをする。

セルフケアの意味も込めている。

膝裏の頑張り屋さんはふにゃふにゃになる。

お疲れさま♪

これにて終了!

全身に変化が出るのは当たり前。

黒い瞳には奥深さが出ている。

大切なのは自分の未知の力を知ること。

ぼくにとって操体法
治療法ではなくて
自分自身を知るためのツールである。

ぼくはそのツールに
飾りも華やかさも与えることはできないが、
名より実をとろうと考えている。

これまで縁もなく
全く知らない場所
全く知らない仕事
全く知らない人たち
全く操体法を知らなかった人たち

そんな中で操体法の操の字でも知ってもらえたら嬉しい♪

さて、土曜日は晴れていた。
寮の近くには
白鷺神社という神社があるらい。
お参りに行った。


f:id:torabocchin:20160904102339j:plain



f:id:torabocchin:20160904102353j:plain



f:id:torabocchin:20160904102406j:plain



f:id:torabocchin:20160904102416j:plain

願い事が書き連なった絵馬たち。
何となくその一つに
目が止まった。
「首と肩と腰の痛みが取れ楽に暮らせますように」
こんな内容だった。
他人事ながら、ちょっと切ない。

この人の役に立てたらな~
そう思わずにはいられなかった。

せっかくの晴れの土曜日
昼前から
車がないので歩く♪
宇都宮インターパークというところまで。
片道6キロメートルほどあるらしい♪
強い日射しのなかてくてく歩く♪


f:id:torabocchin:20160904103053j:plain

何やらツルの植物から良いかほりがする。


f:id:torabocchin:20160904103238j:plain
木洩れ日♪


f:id:torabocchin:20160904103321j:plain

いろいろなお店が連なる♪


f:id:torabocchin:20160904103451j:plain

魚べい

写真はないが
ジョイフルホンダは巨大だ!!
その巨大さに目がクラクラする(笑)

FUKUDAYAというショッピングモールで
「粟國の塩」という塩を買った。

毎日汗だくなのでな。


f:id:torabocchin:20160904105538j:plain

期間限定のこの土地で
これからどんなご縁が出来るのだろうか?

楽しみである。